ひな人形を飾りました

3月3日の雛祭りに向けて雛壇を飾りました。

この日は、ひな人形を飾って女の子の厄除けと成長を願う行事ですが、もともとは平安時代の貴族たちが、自分にふりかかる災いを紙人形にたくして川に流す「流し雛」を行っていたことから発展したそうです。

お内裏様と、お雛様が優しい表情でみんなを見守ってくれています。
ぜひご鑑賞下さい。